スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動会の不思議?

先週、先々週と近所の小学校では運動会が開催されていた。
そのうちの一つの小学校の話。
その学校の徒競走は、学年別に、クラスがばらばらになって、一組が5人から6人ぐらいで
競走する。
もちろん、赤組・白組が半分ずつなので、赤白の人数は、一組で3:3か3:2ぐらいに
分かれる。
ここまでは、特に問題はない。
僕のときもそうだった。(25年ぐらい前だが)
違うのはここからである。
実は、この一組中の5・6人、足の速さがみんな同じぐらいなのだ。
なぜ、こんなことが起きるのかというと、事前に生徒全員のタイムを測定し、
そのタイムの順位で、走者のグループを決めているのである。
つまり、一番速い子から順に、5・6人ずつで一組を作り、一番最後の一組が、
一番遅い子ども達が集まった組になっている。
だから実際に走っても、1位から最下位まで、それほど大きな差がつくこともないし、
そのときの調子によっては、1位だったり、最下位になったりすることもある。
そういった意味では、平等な競走と言えるだろう。
だがしかし・・・
本当にこれでいいのだろうか?

運動会で1番になる方法

運動会で1番になる方法

価格:1,470円(税込、送料別)




IMG_2800.jpgIMG_2803.jpg
Four o'clockが咲きましたよ。



ランキングに登録しています。
↓をクリックして頂けるとうれしいです。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://moemoe333.blog120.fc2.com/tb.php/128-ee506655

Comment

Comment Form
公開設定

PROFILE
熊本市在住、34歳男性。 奥さんと二人暮らしです。

olding

Author:olding
好きな休日の過ごし方は、カフェ・
雑貨屋・リサイクルショップ巡り。
北欧雑貨から古道具まで、ジャンルに
係わらず好きなモノを紹介します。
フリマや骨董市も大好きです。
よろしくお願いします。

このブログはリンクフリーです。
相互リンク大歓迎です。
コメントもお待ちしています。

THANKS
人気ブログランキングへ
ENTRY
CATEGORY
COMMENT
ARCHIVE
RECOMMEND
DANSK
両手鍋(18㎝)
LE CREUSET
ココット・ロンド(22cm)
柳宗理
浅型両手鍋(22cm)
野田琺瑯
ごはん鍋
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
LINK
ブログ内検索
RSSフィード
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。